コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

小児心臓外科術後の低心拍出量症候群と危険因子

Song B, Dang H, Dong R.

Analysis of risk factors of low cardiac output syndrome after congenital heart disease operation: what can we do.

J Cardiothorac Surg. 2021 May 17;16(1):135. doi: 10.1186/s13019-021-01518-7. PMID: 34001213; PMCID: PMC8130417.

背景

  • 先天性心疾患術後の低心拍出量症候群(LCOS)は9.08-21.25%で発生する。
  • LCOSの危険因子と予後との関連を知りたい。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、先天性心疾患に対して人工心肺を使用、14歳以下
  • LCOSの有無で患者背景を比較。また、LCOSと予後との関連を評価。
  • n=283。4歳以下、術前SpO2<=93%、両方向性シャント、人工心肺時間>=60minは、LCOSの危険因子。LCOSは、死亡率、AKI、肝不全、人工呼吸期間、病院滞在日数と関連。

注意点・コメント

  • LCOSの定義のvalidationに疑問。例えば、血圧90やCVPといった、あまり他の研究で用いられないものを使っている。
  • LCOSの危険因子を調べるなら、RACHS分類など疾患や心臓手術の重症度をmodelに入れるべき。
  • 腎不全(AKIN? RIFLE?)や肝不全など、定義について何の記載もない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。