コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

小児心臓手術後のステロイドと肺傷害

Kaskinen AK, Keski-Nisula J, Martelius L, Moilanen E, Hämäläinen M, Rautiainen P, Andersson S, Pitkänen-Argillander OM.

Lung Injury After Neonatal Congenital Cardiac Surgery Is Mild and Modifiable by Corticosteroids.

J Cardiothorac Vasc Anesth. 2021 Jul;35(7):2100-2107. doi: 10.1053/j.jvca.2021.01.017. Epub 2021 Jan 16. PMID: 33573926.

背景

  • 人工心肺を使用すると様々な炎症性メディエーターが放出される。
  • ステロイドによりこれらの炎症が抑えられることで、臨床的アウトカムの改善はあるのだろうか。

要点

  • ランダム化比較試験、人工心肺使用した心臓手術、生後28日未満の新生児
  • Methylprednisolone 2mg/kg投与後hydrocortisone 5日間投与0.2mg/kg/hから漸減) vs. プラセボ。胸写での肺水腫スコア、肺コンプライアンスなどを比較。
  • n=40。ステロイド群で胸写での肺水腫スコアが有意に低かった。人工呼吸期間、気管分泌の炎症マーカーなどに有意差なし。

Figure 1. Lung edema scoreの推移(A)と変化(B)

注意点・コメント

  • Primary outcomeである胸写の肺水腫スコアは、ブラインドはされているものの、一人で診断しており、診断の正確性に不安あり。
  • 胸写や人工呼吸器を用いた肺コンプライアンスの測定は、術後安定すると共に測定できなくなっている。すなわち、missing valueによるbiasとなる可能性。
  • 気になる副作用である高血糖についての記載がなく、インスリンの使用の有無のみしか比較していない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。