コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
内分泌

小児心不全患者における入院時BNP, MR‐proADM, cTnI

Salem SS, Saleh NY, Soliman SE, Abo-Haded HM.

On-admission plasma levels of BNP, MR-proADM, and cTnI in pediatric heart failure: contributions to diagnosis, prognosis, and outcome.

Ir J Med Sci. 2021 Feb 9. doi: 10.1007/s11845-021-02533-2. Epub ahead of print. PMID: 33564973.

背景

  • 心不全には、i) 神経ホルモン(BNP, MR-proADM)、ii) 心筋傷害(troponin-I, CK-MB)、iii) 炎症(CRP)といったバイオマーカーが存在する。
  • 小児におけるこれらのマーカーの、診断・予測の有用性について評価してみた。

要点

  • 単施設、前向き観察研究、2ヶ月~10歳、先天性心疾患あり、Ross Scoreで心不全の症状のある60名と、軽微疾患で病院を受診した30名の健康な小児。
  • 入院時のBNP, MR-proADM, cTnIを、それぞれ健康患者と比較。バイオマーカーや心エコーとの所見の関連性を評価。病院死亡率に対するROC曲線を描いた。
  • 健康人と比較し、これらバイオマーカーは有意に高値。バイオマーカー同時も有意に相関。BNPとcTnIはEFと有意に関連。死亡率に対するROC曲線下面積は、BNPが0.825と最も高かった。

Figure 1. BNPとMR-proADMとの関連

注意点・コメント

  • ROC曲線だけでなく、生存期間を考慮したKMによる生存解析を追加して欲しい。
  • 先天性心疾患のある患者を対象としているが、術後患者は一人も含まれていない。
  • 連続変数同士の関係は相関係数とp値を用いて評価しているが、相関係数のp値はサンプルサイズに大きく依存する。Fig 1をみてもそこまで実際の相関は強くない点には注意すべきである。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。