コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
インターベンション

片側 vs. 両側大静脈肺動脈吻合の推奨時期

Shuler JM, Statile C, Heydarian H, Lehenbauer DG, Hill GD.

Surgical Timing and Outcomes of Unilateral Versus Bilateral Superior Cavopulmonary Anastomosis: An Analysis of Pediatric Heart Network Public Databases.

Pediatr Cardiol. 2021 Mar;42(3):662-667. doi: 10.1007/s00246-020-02527-4. Epub 2021 Jan 8. PMID: 33416920; PMCID: PMC7791322.

背景

  • 単心室に対するグレン手術は、上大静脈(SVC)の本数によって吻合箇所数が異なる。
  • SVCが一本の患者はunilateral superior cavopulmonary anastomosis (uSCPA)、二本の患者はbilateral superior cavopulmonary anastomosis (bSCPA)が施行される。
  • uSCPAとbSCPAの手術の適切なタイミングを調べたい。

要点

  • 10施設からなるデータベースを用いた後ろ向き研究。Norwood手術の施行歴、生後14ヶ月未満、SCPAを施行された患者、Kawashimaは除外。
  • uSCPAとbSCPAで比較。また、120日未満でSCPAを施行された患者のみをsubgroup解析。
  • uSCPAとbSCPAで、病院滞在日数、ICU滞在日数、人工呼吸器機関、退院時酸素飽和度に有意差なし。ただし、120日未満でSCPAを施行された患者のsubgroup解析では、bSCPAの方が院内滞在日数や人工呼吸器機関が有意に長かった。

Table 5. 早期にSCPAを施行された患者の長期病院滞在に対する多変量解析

注意点・コメント

  • 上記の結果を元に、「bSCPAは120日以降に行うべき」としているが、本研究ではそのような解釈はできない。bSCPAかuSCPAはSVCが片側か両側かで異なっており、これは介入ではなく患者背景である。したがって、SVCの本数を多変量解析に入れるべき。そして、1本ならuSCPA、2本ならbSCPAになるため、多変量解析のモデルを作成するのは不可能となる。
  • SCPAの手術の適切なタイミングを調べたければ、それぞれの群で比較検討すべき。
  • 病院滞在日数という社会的要因も含まれるアウトカムをprimary outcomeにしているのも問題あり。そして、そのような連続変数をわざわざカテゴリー(10日以上 or 未満)に分けてlogistic regressionを用いている理由が不明。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。