コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

COVID感染後のMultisystem Inflammatory Syndromeと房室ブロック

Dionne A, Mah DY, Son MBF, Lee PY, Henderson L, Baker AL, de Ferranti SD, Fulton DR, Newburger JW, Friedman KG.

Atrioventricular Block in Children With Multisystem Inflammatory Syndrome.

Pediatrics. 2020 Nov;146(5):e2020009704. doi: 10.1542/peds.2020-009704. Epub 2020 Aug 27. PMID: 32855347.

背景

  • COVID感染後、川崎病のような全身炎症反応や多臓器不全を発症する小児がいる。
  • Multisystem Inflammatory Syndrome in Children (MIS-C)と呼ばれる。
  • MIS-Cの心臓・不整脈の合併症について調べてみた。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、0-21歳、COVID-19感染の既往がありMIS-Cの診断
  • 心電図と心超音波検査で、不整脈や心機能を評価。
  • n=25。年齢の中央値 9.7 (IQR 2.7-15) 歳。1度AVブロックは5名(20%)で、うち4名は2度または3度のAVブロックに進展した。AVブロックは全ての患者で1-6日以内に改善したが、1名は1度のAVブロックが残存。左室収縮機能低下は15名(60%)でみられた。2名(13%)は心機能低下が残存。冠動脈の拡張も5名(20%)でみられた。

Table 2. MIS-C患者の心合併症

注意点・コメント

  • Descriptiveな後ろ向き研究ではあるが、2020年4月に初めて英国で報告され、同年8月に25名という多さで報告するのは、さすがBoston Children’s Hospital。
  • COVID感染後に、不整脈や心機能低下、冠動脈拡張といった、心合併症も多いことを警告した研究。
  • 小児であっても油断できない感染症であることを示している。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。