コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
インターベンション

HLHSに対するhybridとしての肺動脈絞扼術と予後

Zajonz T, Cupka P, Koerner C, Mann V, Menges T, Akintuerk H, Valeske K, Thul J, Schranz D, Mueller M.

Anesthesia for bilateral pulmonary banding as part of hybrid stage I approach palliating neonates with hypoplastic left heart syndrome.

Paediatr Anaesth. 2020 Jun;30(6):691-697. doi: 10.1111/pan.13876. Epub 2020 Apr 30. PMID: 32291873.

背景

  • 左心低形成症候群(HLHS)やそのvariantでは、Norwood手術の他に、両側肺動脈絞扼術とPDAのステント留置といったhybrid approachが存在する。
  • 術前の状態によって予後が変わるのかどうかを検討したい。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、hybrid approachを施行された新生児
  • 術前心血管作動薬を使用されていない患者を安定群(Group A)、使用された患者を不安的群(Group B)。
  • n=185。Group Aは165名。Group Bは20名。両群で、術後の心血管作動薬の使用に関しては差があったものの、人工呼吸器期間やICU滞在日数は有意差なし。

注意点・コメント

  • 術前の心血管作動薬の有無で比較した研究であり、hybrid approachの是非を検討した研究ではない。それぞれの患者で何故Norwoodではなくhybridを選択したのかの記載なし。
  • サンプルサイズが小さい上に、両群でかなりアンバランスなサンプルとなっており、検出力不足の可能性が大きい。
  • そもそも、hybrid approachを受ける患者で、術前の心血管作動薬の有無で予後を比較する意味は何であろうか。今後の介入ができる要素でもないし、前述のように他の術式と比較した研究でもない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。