コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
栄養

早期の栄養開始は炎症反応やインスリン抵抗性に影響を与えない

Floh AA, Herridge J, Fan CS, Manlhiot C, McCrindle BW, Van Arsdell G, Balmer-Minnes D, Schwartz SM.

Rapid Advancement in Enteral Nutrition Does Not Affect Systemic Inflammation and Insulin Homeostasis Following Pediatric Cardiopulmonary Bypass Surgery.

Pediatr Crit Care Med. 2020 Jul;21(7):e441-e448. doi: 10.1097/PCC.0000000000002314. PMID: 32195897.

背景

  • 人工心肺を使用した心臓手術では、術後経腸栄養を24-48時間以内に始めた方が、全身の炎症が弱まり、臨床的アウトカムが改善した。
  • しかし、どの程度経腸栄養をgrade up(volume up)するのかはわかっていない。
  • これまでの研究は観察研究のため、selection biasが否定できないため、今回はRCTを企画した。

要点

  • 単施設、RCT、6ヶ月未満、人工心肺使用
  • 早期経腸栄養(ターゲットに27時間以内に到達)群と、スタンダード(ターゲットに63時間以内に到達)群で比較。栄養開始はどちらも術当日。Primary outcomeはインスリン抵抗性。Adverse eventsやサイトカインがsecondary。
  • サイトカイン、インスリン抵抗性、adverse eventsに有意差なし。ただし、早期栄養群だけでみると、インスリン抵抗性とIL-8の間に関連あり(p=0.013)。

注意点・コメント

  • 心臓手術の詳細が不明。RACHSの低い手術では、早期抜管すると考えられるが、抜管前後に絶食が必要。そのため、ターゲットに到達する時間に影響を与えてしまうだろうし、計画通りにいくのか疑問。実際、本研究では両群でターゲットに到達した時間に有意差なし(39hr vs. 60hr, p=0.75)。また、どちらの群も栄養開始は早い。
  • Power calculationの記載なし。上記の差も統計学的有意差なし。
  • インスリン抵抗性のサイトカインに対する影響について、栄養によるeffect modificationを調べているが、GLSをどのように用いたかの詳細が不明。Intervention有無で二つモデルを作っているのか。そうだとしたら、どのようにその二つを比べているのか。Effect modificationの評価方法としては一般的でない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。