コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

軽症先天性横隔膜ヘルニアと左心機能・肺高血圧

Dao DT, Patel N, Harting MT, Lally KP, Lally PA, Buchmiller TL.

Early Left Ventricular Dysfunction and Severe Pulmonary Hypertension Predict Adverse Outcomes in “Low-Risk” Congenital Diaphragmatic Hernia.

Pediatr Crit Care Med. 2020 Jul;21(7):637-646. doi: 10.1097/PCC.0000000000002318. PMID: 32168302; PMCID: PMC7335317.

背景

  • 先天性横隔膜ヘルニア(CDH)の重症症例はよく調べられてきたが、軽症症例での予後不良因子についてはあまり知られていない。
  • CDHの臨床管理を改善させるためにも、予後に関わる因子を調べたい。

要点

  • データベースを用いた後ろ向き研究、CDHSG分類のA/B、心疾患や染色体異常なし
  • 生後24時間以内の左室機能不全、右室機能不全、肺高血圧が予後に与える影響を調査。Primary outcomeは、死亡・ECMO・30日での酸素・8週以上の入院の、composite outcome。普通のregressionとIPWを使用してconfounderを調整。
  • n=778。Primary outcomeは21.3%に発生。左室機能不全と肺高血圧は、confounderを調整後も有意に予後と関連。

注意点・コメント

  • 本研究のexposureである、心室機能不全や肺高血圧はdichotomous variablesとなっており、重症度は不明。また、定義の詳細も不明。
  • これらexposureが予後と関連するであろうことは、研究しなくてもある程度予想できること。問題は、介入できるか否か、ということであり、その観点からすると、今後の研究の発展が難しい。
  • すなたち、causal inferenceを目的として研究計画を立てているが、題名にあるように、どちらかというとprediction modelに寄った研究。かといって、prediction modelならIPWを使う必要もないし、ある意味中途半端になってしまっている。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。