コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ

新生児心臓外科術後の痙攣に対するphenobarbitalとlevetiracetam

Thibault C, Naim MY, Abend NS, Licht DJ, Gaynor JW, Xiao R, Massey SL.

A retrospective comparison of phenobarbital and levetiracetam for the treatment of seizures following cardiac surgery in neonates.

Epilepsia. 2020 Apr;61(4):627-635. doi: 10.1111/epi.16469. Epub 2020 Mar 12. PMID: 32162678.

背景

  • 新生児の人工心肺を用いた心臓手術後に、痙攣が起こることがある。
  • この患者層で、Phenobarbital (PHB)とlevetiracetam (LEV)を比較した研究はない。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、生後30日未満の新生児、人工心肺を用いた心臓手術後、脳波で痙攣が見つかった患者
  • First-lineで使われた薬剤と、それらの合併症や効果について比較。
  • 700名中、59名(8.4%)に痙攣が発生。31名がPHB、22名がLEV、2名がlorazepam、1名がketamineをfirst-lineとして使用された。PHBは低血圧や呼吸抑制といった副作用がLEVよりも有意に高かった。痙攣止めとしての効果は同等。

注意点・コメント

  • すべて単純比較のみであり、多変量解析は使用せず。確かに患者背景の違いは大きくなさそうであるが、サンプルサイズがn=31 vs. n=22であり、有意差を出すには少なすぎる。そのため、本研究をもって、どちらが副作用が多い、どちらが有効性が高い、といった議論はできない。
  • 本研究の意義は、surveillanceといった意味合いか。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。