コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ

ECMO中のfentanylとhydromorphoneの比較

Landolf KM, Rivosecchi RM, Goméz H, Sciortino CM, Murray HN, Padmanabhan RR, Sanchez PG, Harano T, Sappington PL.

Comparison of Hydromorphone versus Fentanyl-based Sedation in Extracorporeal Membrane Oxygenation: A Propensity-Matched Analysis.

Pharmacotherapy. 2020 May;40(5):389-397. doi: 10.1002/phar.2385. Epub 2020 Mar 23. PMID: 32149413.

背景

  • Ex vivoの研究では、脂溶性で蛋白結合率の高い薬剤は、ECMO中に多量が必要となり、recoveryも遅くなることが示唆されている。
  • 脂溶性で蛋白結合率の高いfentanylと、水溶性で蛋白結合率の低いhydromorphoneをについて、ECMO患者を対象に比較した。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、18歳以上の成人、48時間以上のECMO、fentanylまたはhydromorphoneの持続投与を最低6時間
  • Fentanyl使用群 vs. hydromorphone使用群で比較。Primary outcomeは、せん妄なし&昏睡なしのECMO日数(DFCF days)。Propensity score matchingも使用。
  • Hydrophone群の方が、DFCF daysが有意に長く、fentanyl換算量が有意に少ない。PSMでも同様の結果。

注意点・コメント

  • Primary outcomeの定義がそもそもわからない。なぜ7日、14日の時点でのDFCF daysが100~200 daysなのか。これでは7, 14日の時点でのアウトカムに、それ以降のデータを用いていることになる。
  • Propensity scoreの計算に用いられている変数が足りない。すなわち、fentanyやhydromophone以外の鎮静・鎮痛剤や腎機能といった交絡因子の調整がなされていない。
  • 麻薬の換算表を元に比較しているが、この換算自体が文献によって差があるため、他の換算表を用いた結果が知りたい。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。