コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
インターベンション

乳児期の大動脈縮窄症手術後の死亡と再狭窄の危険因子

Lehnert A, Villemain O, Gaudin R, Méot M, Raisky O, Bonnet D.

Risk factors of mortality and recoarctation after coarctation repair in infancy.

Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2019 Sep 1;29(3):469-475. doi: 10.1093/icvts/ivz117. PMID: 31089681.

背景

  • 大動脈縮窄症では、術後再狭窄が問題となる。
  • 本研究では、大動脈縮窄症の再手術の危険因子を調べてみた。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、大動脈縮窄症(±心室中隔欠損)で生後3ヶ月以内に手術を施行された患者
  • 術後経過をKMで示し、死亡や再手術の危険因子をCox regressionで解析。
  • n=530。手術施行時の年齢の平均は日齢13。Follow-upの中央値は7.57年で、61(11.5%)が大動脈弓の再手術を受けた。生後15日未満の手術(p=0.032)と手術時PGE1使用(p=0.0072)は、再手術の危険因子であった。

Figure 2. 大動脈縮窄症の手術時の、PGE1使用の有無による、free from reintervention

注意点・コメント

  • PGE1は、縮窄症や離断症では時に循環を保つために必須の薬剤であるが、その使用が再手術と関連していることを示した研究。
  • PGE1の使用によって縮窄部位の動脈内膜の性状を変化させ、術中切除部位の判断に影響を与えるのではないかという考察。実際、PGE1投与群では、End-to-end吻合が再狭窄の危険因子であった。
  • 交絡因子の選択など不明な点が多く、「PGE1の使用が再狭窄を増やす」とするのは難しい。しかし、PGE1の使用が昔よりも増えている(40% vs. 96%, p<0,.001)らしく、そのような現状に疑問を投げかけている。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。