コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
血液

肺高血圧症におけるRDWの有用性

Zuk M, Migdal A, Dominczak J, Brzezinska-Rajszys G.

Usefulness of Red Cell Width Distribution (RDW) in the Assessment of Children with Pulmonary Arterial Hypertension (PAH).

Pediatr Cardiol. 2019 Apr;40(4):820-826. doi: 10.1007/s00246-019-02077-4. Epub 2019 Mar 4. PMID: 30830279; PMCID: PMC6451723.

背景

  • Red cell width distribution (RDW)は、赤血球の大きさや容積をのvariationを示したもの。
  • 肺高血圧のある成人では、予後予測因子の一つであることが報告されている。
  • 小児で調べてみた。

要点

  • 後ろ向き研究、右心カテーテルで肺高血圧症の診断、
  • RDW正常群とRDW上昇群に分け、患者背景や、血行動態、予後を比較。
  • n=61。RDWの平均値は15.3±2.4%。29名(47%) の患者で上昇していた。二群で、NTproBNPや血行動態に変化なし。PHの治療経過でも、3ヶ月後や12ヶ月後のRDWに変化なし。

注意点・コメント

  • 平均年齢は7.5歳と、小児といってもそこまで小さくない。貧血や感染症患者は除外されているし、(Eisenmenger syndromeは入っているが、RDWに影響を与えるであろう)チアノーゼ疾患は入っていない。純粋に小児のPH患者を調べた研究。そして、結果はnegative。
  • 経過が不良だった患者ではWHO-FCやNTproBNPは変化していることから、現時点ではRDWはこの患者層には有用なマーカーとは言えないだろう。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。