コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

小児心臓手術後のLCOS予防:ドブタミン vs. ミルリノン

Cavigelli-Brunner A, Hug MI, Dave H, Baenziger O, Buerki C, Bettex D, Cannizzaro V, Balmer C.

Prevention of Low Cardiac Output Syndrome After Pediatric Cardiac Surgery: A Double-Blind Randomized Clinical Pilot Study Comparing Dobutamine and Milrinone.

Pediatr Crit Care Med. 2018 Jul;19(7):619-625. doi: 10.1097/PCC.0000000000001533. PMID: 29538053.

背景

  • 小児心臓手術後のLow cardiac output syndrome (LCOS)は、術後の大きな問題である。
  • ミルリノンとドブタミン、どちらも心収縮を補助し、全身・肺血管抵抗を低下させる。
  • 小児開心術で、それらの薬剤を比較した研究はない。

要点

  • ランダム化比較研究、単施設、人工心肺を用いた開心術後、生後6週以上35kg未満の小児、
  • 人工心肺終了後よりミルリノン(target 0.75mcg/kg/min) vs. ドブタミン(target 6mcg/kg/min)を術後36時間投与。LCOS(追加の血管作動薬の必要性)やその他の血行動態を比較。
  • 追加の血管作動薬の必要性に有意差なし(61% vs. 67%, p=0.71)。静脈血酸素飽和度、乳酸、尿量、胸腔ドレーン留置期間、人工呼吸器期間、ICU滞在日数に有意差なし。

注意点・コメント

  • Pilot研究であることから、power calculationは行われていない。すなわち、有意差がないのはサンプル数が少ない可能性がある。例えば、不整脈の発生率はドブタミン4/26 (15%)に対しミルリノン7/24 (29%)であるが、「有意差なし」となっている。
  • 大動脈遮断の中央値は68分であり、それぞれの術式を見ても、カテコラミンなしでも人工心肺離脱が可能な患者層と言える。しかも、そのような軽症症例に対し、ミルリノン・ドブタミンともに比較的(必要以上に)多い投与量となっている。
  • より重症症例に本結果が当てはまるか否か不明。例えば、ACC>120に限った症例での結果が見てみたい。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。