コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ

乳児のNIRSとバイタルサインの関連性

Massa-Buck B, Amendola V, McCloskey R, Rais-Bahrami K.

Significant Correlation between Regional Tissue Oxygen Saturation and Vital Signs of Critically Ill Infants.

Front Pediatr. 2017 Dec 21;5:276. doi: 10.3389/fped.2017.00276. PMID: 29312908; PMCID: PMC5742570.

背景

  • NIRSを用いて、NEC, IVH, PVLといった新生児の疾患のモニタリングもできる。
  • バイタルサインとの関連はわかっていない。

要点

  • 単施設、5kg未満、動脈ラインのある患者、22-42週で出産、NICU入室
  • 右上腹部と右前頭部でNIRSを装着。60秒毎の平均とバイタルとの関連を評価。
  • 28,000-31,000のペアデータ。StO2とMBP、StO2とMBPに関連あり。脳と腹部それぞれのoxygen extractionは、MBPと関連。

注意点

  • 先天性心疾患のある患者は除外されており、シャントや動脈血酸素飽和度の低い場合、酸素供給量が少ない場合のこれらの関係性は不明。
  • 一人当たり複数回のペアデータがあり、それらを独立として解析しているため、バイアスがかかる。
  • データ数が多いため、rは小さくても有意になりやすい。実際、殆どのrは0.05-0.3程度と、相関というにはかなり低い。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。