コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ

Norwood術後の脳静脈酸素飽和度に対するrSO2の感度は低い

Rescoe E, Tang X, Perry DA, Sleeper LA, DiNardo JA, Kussman BD, Kheir JN.

Cerebral near-infrared spectroscopy insensitively detects low cerebral venous oxygen saturations after stage 1 palliation.

J Thorac Cardiovasc Surg. 2017 Sep;154(3):1056-1062. doi: 10.1016/j.jtcvs.2017.03.154. Epub 2017 May 16. PMID: 28599970.

背景

  • 単心室では、本当の混合静脈血酸素飽和度(SvO2)がわからないため、上大静脈からの中心静脈酸素飽和度(ScvO2→脳静脈酸素飽和度)で代用することがある。
  • 脳酸素飽和度(rSO2)は、脳静脈・毛細血管・動脈血が様々な割合で混ざった酸素飽和度である。
  • 単心室疾患において、ScvO2とrO2の関連を調べたい。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、Stage 1 palliationを施行された新生児
  • ScvO2とrO2の関連を、1. mixed effect model (時間とHbを考慮), 2. Bland-Altman, 3. ROC curveを用いて評価。また、rO2から動脈血の因子を除くために、動脈血因子が3割と仮定して脳静脈血酸素飽和度を予測した式を用いて、再度ScvO2との関連を評価。
  • 73名、520ペアのデータ。Mixed effect modelでは0.37±0.04. (r^2=0.39, p<0.001)。ROC曲線下面積も0.82-0.87と高い。しかし、感度はとても低く、rSO2<30となるScvO2は、<30で1%、<40で1%、<50でも45.7%のみ。脳動脈の影響を除いたら、関連は少し良くなった。

Figure 2B. ScvO2の低下を発見するためのrSO2と、rSO2から計算したScvO2

注意点・コメント

  • Mixed effect model以外はrepeated measurementsを考慮していないため、同じ個人が複数データを持つことになり、バイアスがかかる。
  • 脳動脈・静脈・毛細血管の割合は時期や患者によって変化するかもしれず、この結果が全ての患者や機器に当てはなる訳ではない。
  • それでも、rSO2の値で安心すべきではないというcaveatとしては、重要な論文。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。