コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

JET予防のdexmedetomidine〜ランダム化比較試験

El Amrousy DM, Elshmaa NS, El-Kashlan M, Hassan S, Elsanosy M, Hablas N, Elrifaey S, El-Feky W.

Efficacy of Prophylactic Dexmedetomidine in Preventing Postoperative Junctional Ectopic Tachycardia After Pediatric Cardiac Surgery.

J Am Heart Assoc. 2017 Mar 1;6(3):e004780. doi: 10.1161/JAHA.116.004780. PMID: 28249845; PMCID: PMC5524013.

背景

  • JETに対するdexmedetomidineの予防的効果を調査したい。

要点

  • ランダム化、18歳未満、先天性心疾患に対し手術を施行
  • Dexmedetomidine群は0.5 mcg/kgのローディングを導入前に終了させ、その後0.5 mcg/kg/hで48時間投与 (n=60) vs. placebo (n=30)。
  • 術後のJET発生率は、dexmedetomidine投与群で有意に低下(3.3% vs. 16.7%, p<0.005)。心拍数、平均人工呼吸器期間、ICU滞在日数も有意に低下。

注意点・コメント

  • 麻酔導入前に0.5mcg/kgの投与を終了するとあるが、あまり一般的でない東予方法。ローディングするのであれば人工心肺中の方が安全と考えられるが、なぜこのタイミングでローディングしたのであろうか。
  • ASDやVSDといった、RACHS分類の低スコアの患者を主に含んだ研究。
  • Dexmedetomidine群で人工呼吸器期間やICU滞在日数が低下する理由がわからない。Placeboでは、dexmedetomidineがない分、他の鎮静薬が多くなってしまっているのではないか。ただ、麻薬など他の鎮静剤使用に対する記述がないので考察が難しい。
  • 2:1のランダム化振り分けとしているが、その理由として「dexmedetomidine群の数をふやし効果や副作用を評価したかった」とあるが、それこそ1:1にすべきではないのか。特に大きな問題ではないが、著者の理由が意図が読めない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。