コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

Stage 1術後のPDE阻害剤は酸素供給を増加させる

Mills KI, Kaza AK, Walsh BK, Bond HC, Ford M, Wypij D, Thiagarajan RR, Almodovar MC, Quinonez LG, Baird CW, Emani SE, Pigula FA, DiNardo JA, Kheir JN.

Phosphodiesterase Inhibitor-Based Vasodilation Improves Oxygen Delivery and Clinical Outcomes Following Stage 1 Palliation.

J Am Heart Assoc. 2016 Nov 2;5(11):e003554. doi: 10.1161/JAHA.116.003554. PMID: 27806964; PMCID: PMC5210357.

背景

  • HLHSに対するstage 1術後に全身血管抵抗(SVR)を低下させることは、肺血流(PBF)に対し全身血流(SBF)を増加させ、後負荷を減少させ心拍出量を増加させることで、術後の心停止や動静脈酸素飽和度の差を低下させると考えられる。
  • Sano modificationにより、右室腔内にリングを入れ込むことで、PBFへの抵抗が低くなるため、SVRの低下はより重要になる可能性がある。
  • 当施設では、2014年にSVRを低下させるようなプロトコルを作成したため、その結果を評価をしてみた。

要点

  • 単施設、前後ろ比較研究、Stage 1術後
  • プロトコル前(n=32)とプロトコル後(n=24)で、DO2やVO2、SVR、急変率などを比較。
  • プロトコル導入後、SVR、乳酸、Sa-vO2較差は有意に低下。緊急ECMO導入率も低下。

Figure 3. プロトコル導入前後で、体血管抵抗、乳酸、E-CPRを比較

注意点・コメント

  • プロトコル前後で、どこがどう変わったのかが不明。結果的にSVRが低下しているが、プロトコル導入のため低下したのか、患者の状態が良いから末梢血管が収縮していないのかわからない。
  • Aorta clamp時間がプロトコル導入後短くなっており、これも交絡因子となる。
  • 以上のようなlimitationがあるが、RV-PA shuntでミルリノンなどによりSVRを低下させた方が良いという提言にはなるだろう(ちなみに、プロトコルにおけるカテコラミンの第一選択はエピネフリン)。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。