コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
感染

小児心臓外科術後の予防的抗生剤使用期間

Bath S, Lines J, Loeffler AM, Malhotra A, Turner RB.

Impact of standardization of antimicrobial prophylaxis duration in pediatric cardiac surgery.

J Thorac Cardiovasc Surg. 2016 Oct;152(4):1115-20. doi: 10.1016/j.jtcvs.2016.04.091. Epub 2016 May 10. PMID: 27245416.

背景

  • 心臓外科術後の感染症は、縦隔炎や心内膜炎といった治療の難しい合併症となるため、予防的な抗生剤投与が推奨されている。
  • 小児心臓外科術後の適切な抗生剤投与期間は不明。
  • 胸骨閉鎖後48時間までとしたプロトコルを導入したため、その前後で感染症の発生率を比較。

要点

  • 単施設、前後比較研究、18歳以下、心臓外科術後
  • 抗生剤の投与を胸骨閉鎖後48時間までとしたプロトコル導入前後で、SSIの発生を比較。また、SSIの危険因子を調査。
  • n=446。15 (3.4%)がSSIを発生。プロトコル前後で抗生剤の使用は有意に短縮(4.2 vs. 1.9 days, p<0.0001)。多変量解析で調整後は、プロトコル施行はSSIの危険因子ではなかった。

Table 2. SSIに対する多変量解析

注意点・コメント

  • プロトコル前後で患者背景に多くの違いがあるが、年齢とDSC、血糖のみしか多変量解析で調整されていない。Univariate + stepwiseという変数選択をしているためと考えられるが、交絡因子の調整が不十分。
  • ドレーンの本数や挿入期間といった、感染症の危険因子となるだろうデータが欠落。
  • それでも、抗生剤投与を術後48時間までに短縮してもいいのでは?という提言としては大切。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。