コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
感染

中心静脈栄養は院内感染症の危険因子

Netto R, Mondini M, Pezzella C, Romani L, Lucignano B, Pansani L, D’argenio P, Cogo P.

Parenteral Nutrition Is One of the Most Significant Risk Factors for Nosocomial Infections in a Pediatric Cardiac Intensive Care Unit.

JPEN J Parenter Enteral Nutr. 2017 May;41(4):612-618. doi: 10.1177/0148607115619416. Epub 2015 Nov 29. PMID: 26616137.

背景

  • 院内感染は先天性心疾患患者においても大きな問題であり、予後やコストといった面において減らすべき合併症である。
  • 院内感染症の危険因子を知りたい。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、小児循環集中治療室(PCICU )入室
  • PCICU入室後48時間以内に発生した感染症を院内感染とし、その危険因子を調査。
  • 多変量解析による院内感染の独立危険因子は、経静脈栄養期間、呼吸器サポート日数、PCICU入室前の入院、PCICU滞在期間であった。

注意点・コメント

  • Introductionに仮説が書いてない。結果的に経静脈栄養と感染症の関連性があったようであるが、「経静脈栄養が感染症を増やす」という仮説がそもそもないため、その因果推論を行うことが難しい。
  • 院内感染というアウトカムと、回帰分析に入っている変数との時間軸がバラバラ(アウトカムよりも時間的に後の変数あり)。因果推論としても、予測モデルとしても、不適切。時間的な前後関係のない、単なる関連性をみているだけ。
  • すなわち、本研究をもって、「経静脈栄養の使用が感染症を増やす」「経静脈栄養の使用により後の感染症発症を予測できる」とは、言えない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。