コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

肺移植時の人工心肺 vs. ECMO

Biscotti M, Yang J, Sonett J, Bacchetta M.

Comparison of extracorporeal membrane oxygenation versus cardiopulmonary bypass for lung transplantation.

J Thorac Cardiovasc Surg. 2014 Nov;148(5):2410-5. doi: 10.1016/j.jtcvs.2014.07.061. Epub 2014 Aug 1. PMID: 25444203.

背景

  • 人工心肺(CPB)は、肺移植でも良く用いられてきたが、biochemical cascadeによる肺傷害との関連が示唆されている。
  • ECMOは、リザーバーや吸引がないため空気に触れる部分が少なく、サイトカインの放出が抑えれれる可能性がある。
  • 肺移植中にCPBではなくECMOを用いる施設が増えてきている。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、肺移植を施行された患者316名
  • CPB(n=55)とECMO(n=47)を比較。
  • 術中、FFP, Plt, cryoの投与がCPB群で有意に多かった。術後の出血や再手術も、CPB群で高かった。30日、1年生存率に有意差なし。

Figure 1. CPB vs. ECMOにおける一年生存率

注意点・コメント

  • CPB群とECMO群の単純比較のみで、交絡因子を調整していない。例えば、CPBの方が安定した血流を得られるし、リザーバーも装着できるため、重症患者や出血のリスクの高い患者ではCPBを選ぶ可能性がある。実際、術前の肺動脈圧は(有意差ないが)CPB群で高い。これらは交絡因子となりうる。
  • 両肺移植や心内操作ありでは、CPBを使用しており、これらもindication—> confounderとなりうる。
  • ただし、術後ECMOへの移行も楽であるし、(CPBと比較した)ECMOの利点の可能性を示したという意味で重要。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。