コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

低侵襲心臓手術(MICS)と片側性肺水腫

Keyl C, Staier K, Pingpoh C, Pache G, Thoma M, Günkel L, Henschke S, Beyersdorf F.

Unilateral pulmonary oedema after minimally invasive cardiac surgery via right anterolateral minithoracotomy.

Eur J Cardiothorac Surg. 2015 Jun;47(6):1097-102. doi: 10.1093/ejcts/ezu312. Epub 2014 Aug 14. PMID: 25123672.

背景

  • Minimally invasive cardiac surgery (MICS)は、側開胸で行う創部の小さい低侵襲心臓手術である。
  • 術中は片肺換気を要し、人工心肺離脱後に片肺肺水腫(Unilateral pulmonary edema: UPE)を呈することがある。
  • 肺の再膨張、人工心肺などによる炎症、虚血再灌流障害、術中の肺外傷、牽引、肺静脈の圧迫・灌流障害などが原因として示唆されている。
  • この施設では2013年にdexamethazoneを予防的に投与するようになったので、UPEの発生率とその効果を比較した。

要点

  • 単施設、前後比較研究、18歳以上、2018-2013年でMICSを施行された患者
  • 2010年にUPE予防のためdexamethasone 1mg/kgを麻酔導入時に投与するよう施設として取り決め。その前後でUPEを比較。また、UPEの危険因子を評価。
  • n=484。38名(7.9%)がUPEとなり、1.5%が症状を呈した。UPEの発生率や4.0% vs. 12.9%と、dexamethazone群で有意に減った(p<0.001)。Logistic regressionでも、dexamethasone (OR 0.28)、糖尿病(OR 3.17)、平均肺動脈圧(OR 1.05 per mmmHg)、FFP (OR 2.31)が有意にUPEと関連。

注意点・コメント

  • UPEの診断基準が不明瞭。「24時間以内のレントゲンで」としか記載されておらず、誰が、何人で、いつ、何回、blindの有無、どの評価基準を用いて診断したか不明。前後比較研究であり、dexamethazone非投与群での意識的なUPEの診断があってもおかしくない。
  • Logistic regressionでの交絡因子の調整が十分でない。例えば、人工心肺後のUltrafiltrationの有無や、輸液量、片肺換気時間などは、交絡因子と考えられるが、モデルに入っていない。
  • 一方で、交絡因子であるべきでない術後の因子(術後CRPや人工呼吸期間など)がモデルに入っており、不適切。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。