コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
感染

開胸中の培養陽性と感染症の関連

Adler AL, Smith J, Permut LC, McMullan DM, Zerr DM.

Significance of positive mediastinal cultures in pediatric cardiovascular surgical procedure patients undergoing delayed sternal closure.

Ann Thorac Surg. 2014 Aug;98(2):685-90. doi: 10.1016/j.athoracsur.2014.03.038. Epub 2014 Jun 2. PMID: 24881862.

背景

  • Delayed sternal closure (DSC)時に培養検査を提出する施設が多いが、その意義は不明。
  • 培養結果とSSIとの関連を調べてみた。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、21歳以下、心臓手術、DSCあり
  • SSIの危険因子を単変量で解析。培養陽性のpredictorを多変量で解析。
  • n=155。11名(7.1%)がSSIとなった。DSC時に培養陽性であった患者は、有意にSSIとなった(p=0.001)。年齢、妊娠週数、ステロイド、開胸は、培養陽性の予測因子。

注意点・コメント

  • 培養陽性となった患者は、後々SSIとなる可能性が高い、ということを示した研究。
  • DSC時に培養採取されていない患者が除外されており、selection biasとなってしまう(SSIのリスクの高い患者に監視培養している可能性)。
  • 胸腔ドレーン抜去まで予防的抗生剤を継続しているが、cefazolinの量が20mg/kgと少な目なのは気になる。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。