コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

肺動脈の大きさとFontan術後の早期アウトカム

Lehner A, Schuh A, Herrmann FE, Riester M, Pallivathukal S, Dalla-Pozza R, Kozlik-Feldmann R, Netz H, Malec E, Januszewska K.

Influence of pulmonary artery size on early outcome after the Fontan operation.

Ann Thorac Surg. 2014 Apr;97(4):1387-93. doi: 10.1016/j.athoracsur.2013.11.068. Epub 2014 Feb 14. PMID: 24529483.

背景

  • Fontan循環の成立要因として低い肺血管抵抗が必要。
  • 肺動脈の成長は必要であるが、そのサイズの予後に対する影響は不明。
  • 単心室のFontan術後早期合併症に対する肺動脈の大きさの影響を調べた。

要点

  • 単施設、後ろ向き研究、Fontan手術を施行された小児
  • McGoon ratioとNakata indexを、肺動脈の大きさの指標として使用。アウトカムは、人工呼吸期間、病院滞在日数、ICU滞在日数、胸水。
  • McGoon ratio 1.6, Nakata index 150というカットオフは、上記アウトカムと関連なし。McGoon ratio 1.2, Nakata index 100に変更しても同様。

Table 4. 肺動脈の指標と術後アウトカム

注意点・コメント

  • 左右肺動脈の大きさ自体には、Fontan手術の可否の判断材料にはならないとする研究。ただし、どちらのindexも中枢の肺動脈の大きさを使用しており、肺血管抵抗や末梢の太さを計測したものではない。
  • どのように上記のカットオフを決めたのか不明。ROC曲線などで他のカットオフを見つけることもできるはず。
  • 術前カテーテル検査を行った患者のみを対象としている。術前ルーチンでカテーテル検査を施行しているのならよいが、何らかの理由で施行しているのであればselection biasとなる。
  • 単変量のみであり、回帰分析は行われていない。術前心室拡張末期圧などの情報もない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。