コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

人工心肺の使用と癌の進展

Pinto CA, Marcella S, August DA, Holland B, Kostis JB, Demissie K.

Cardiopulmonary bypass has a modest association with cancer progression: a retrospective cohort study.

BMC Cancer. 2013 Nov 3;13:519. doi: 10.1186/1471-2407-13-519. PMID: 24180710; PMCID: PMC3831257.

背景

  • 人工心肺(CPB)は、免疫系に作用し免疫力を弱める可能性がある。
  • 腫瘍のある患者では、人工心肺の使用によって癌の発症・進展するのではないか。

要点

  • 多施設、後ろ向き研究、CABG、
  • CPB使用群と非使用群で、悪性腫瘍による死亡率を比較。Propensity scoreをモデルにいれて交絡因子を調整。
  • n=43347。癌発症は7.2% vs. 5.8%。Risk ratio調整後も有意差なし(RR 1.17, 0.93-1.47, p=0.19)。Person-yearsでの率も有意差なし。癌による死亡率も、KM, competing risk modelで有意差なし。

注意点・コメント

  • Propensity scoreをモデルに入れているが、その変数の選択方法が不明瞭。また、PSを計算するのに用いた変数を、なぜか再度最終モデルに入れている(ex. Age)。
  • 冠病変の数や部位、糖尿病といった、交絡因子になりうるデータがあるにも関わらず、なぜかPSモデルに入れていない。また、データベース研究であるため、心機能の詳細や脳血管・神経症状の詳細といったデータは不明。
  • CABG当時に腫瘍がなかった証拠がない。そのため、「新規発症」か「進展」か不明。また、単に人工心肺といっても、人工心肺による免疫抑制なのか、suckerによる再循環でmetaが起きやすいのか、本研究からはわからない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。