コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

ファロー四徴症の弁置換とQRS幅

Scherptong RW, Hazekamp MG, Mulder BJ, Wijers O, Swenne CA, van der Wall EE, Schalij MJ, Vliegen HW.

Follow-up after pulmonary valve replacement in adults with tetralogy of Fallot: association between QRS duration and outcome.

J Am Coll Cardiol. 2010 Oct 26;56(18):1486-92. doi: 10.1016/j.jacc.2010.04.058. PMID: 20951325.

背景

  • ファロー四徴症(TOF)根治術後、肺動脈逆流症(PR)は大きな問題点の一つであり、肺動脈弁置換術(PVR)が施行される。
  • QRS幅は、TOF術後の右室機能と密接に関連し、予後と関連することが示されている。
  • 術前術後のQRS幅の変化について調べた研究は少ない。

要点

  • 前向きコホート研究、小児期にTOFに対して根治術を施行された成人
  • 術前と術後6ヶ月での12誘導ECGで、QRS幅を計測。Adverse events(死亡、PRに対する再手術、症候性心不全、心室性不整脈)を比較
  • n=90。平均5.5±3.5年のfollow-up。13のadverse events。5年event free生存率は、術前QRS>180msで76%、術前QRS<=180msで90%(p=0.037)。5年event free生存率は、術後QRS>180msで71%、術前QRS<=180msで91%(p=0.04)。多変量解析では、術後QRS>180msと術後QRS幅の低下なしが、独立危険因子。

Figure 3. それぞれのタイミングのQRS幅とKaplan-Meier曲線

注意点・コメント

  • 9名は心電図がないため除外されて解析されている。重症(または軽症)の患者が6ヶ月後に心電図を計測していないかもしれず、selection bias。
  • TOF術後の右室の脱分極・再分極は、右室内容量と右室機能と関連する以上、予想されうる結果。
  • QRS幅単体としてはそれなりに良いマーカーであると考えられるが、全ての患者で当てはめられるかわからない。例えば、小児期の根治術の年齢、術式(transannular patch, RV patch, RVPA conduit, or no patch)といった、予後と関連する因子で分けられておらず、ある特定の患者・術式群では関連しない可能性も十分ありうる。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。