コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

アミノフィリンと新生児の横隔膜の動き

Heyman E, Ohlsson A, Heyman Z, Fong K.

The effect of aminophylline on the excursions of the diaphragm in preterm neonates.

A randomized double-blind controlled study. Acta Paediatr Scand. 1991 Mar;80(3):308-15. doi: 10.1111/j.1651-2227.1991.tb11854.x. PMID: 2035326.

背景

  • 未熟児の無呼吸に対し、aminophyllineが中枢神経系に作用し無呼吸を改善させると言われている。
  • Aminophyllineの横隔膜への作用を調べてみた。

要点

  • 単施設、ランダム化比較試験、妊娠週数32週未満、出生体重2000g未満、生後48時間以上、呼吸不全が改善しweaningしようとしている患者
  • Amynophillineまたはno drug投与前と、投与後30分で、超音波を用いて横隔膜の動きを評価。
  • Amynophilline群は横隔膜の動きが43%増加(p=0.012)。呼吸数やpCO2に有意差なし。

注意点・コメント

  • Amynolphillineが横隔膜の動きを活発化させることを示した研究。かなり昔の研究であるが、この領域(新生児無呼吸に対するアミノフィリン)では重要な論文であるため紹介した。
  • Amynophillineは中枢に作用すると考えられているが、本研究では呼吸数やpCO2への影響なし。
  • Amynophillineの用量に関する記載がない。また、コントロールはplaceboではなくno drug。すなわち、volumeは両群で同等でない。Power calculationなし。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。