コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

右心バイパス術後早期抜管に関わる因子とアウトカムとの関連

Kurihara Y, Shime N, Miyazaki T, Hashimoto S, Tanaka Y. Clinical and hemodynamic factors associated with the outcome of early extubation attempts after right heart bypass surgery.

Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2009 Jun;8(6):624-8. doi: 10.1510/icvts.2008.189431. Epub 2009 Mar 4. PMID: 19261654.

背景

  • BCPCやTCPC術後の循環動態は、低い肺血管抵抗に依存している。
  • 陰圧呼吸は肺血管抵抗を下げる。
  • 術後早期抜管による陰圧呼吸が臨床的に与える影響は不明。

要点

  • 単施設後ろ向き研究、BCPCまたはTCPCを受けた患者、n=71
  • 手術終了3時間以内の早期抜管(n=38)と、それ以降の後期抜管(n=33)で、早期抜管に対する予測因子と、早期抜管によるアウトカムを比較。
  • 術中のfentanyl使用量、PICU入室時のinotropic scoreは、早期抜管と独立して関連。多変量解析で調整後、早期抜管は術後肺合併症の減少とPICU滞在日数減少と関連した。

注意点

  • BCPCとTCPCでは年齢も病態も異なるため、effect modificationがあるのではないか。その場合、層別により別々の解析が必要。
  • 後期抜管群には3時間以降に抜管された全ての患者が含まれており、重症患者が含まれていると予想される。しかし、PIMなどのデータがなく、交絡因子としての患者重症度の調整が不十分である可能性。
  • 二変量解析で有意差が出た変数を多変量解析に入れているが、サンプル数が小さいため検出力不足により有意差がでないため、データがあったとしても多変量解析の変数選択から漏れている可能性がある。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。