コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
循環

Norwood術後の酸素需要供給に関わる血行動態パラメータの変化

Li J, Zhang G, McCrindle BW, Holtby H, Humpl T, Cai S, Caldarone CA, Redington AN, Van Arsdell GS.

Profiles of hemodynamics and oxygen transport derived by using continuous measured oxygen consumption after the Norwood procedure.

J Thorac Cardiovasc Surg. 2007 Feb;133(2):441-8. doi: 10.1016/j.jtcvs.2006.09.033. PMID: 17258581.

背景

  • Norwood術後の酸素需要供給バランスをとることが重要である。
  • バランスを考える上では、DO2だけでなくVO2も重要である。
  • 連続的にこれらを計測、計算してみた。

要点

  • 単施設、前向き観察研究、Norwood術後、新生児
  • Spectrometerを用いてガスからVO2を測定。計算式からCO, DO2, SVR, PVRなどを計算。術後72時間の変化を観察。
  • n=14。VO2は術後24時間で大きく低下し、O2ERも同様に低下。DO2はSVRやQsと関連したが、QpやPVRとは関連せず。

Figure 1. それぞれのパラメータの術後変化

注意点・コメント

  • O2ER, VO2, DO2, Qp/Qsなどには計算式上の関連性があるはずであるが、体内でどのように関連するかは不明であるため、それらを経時的に評価した研究。
  • DO2はSVRやHbと大きく関連することから、Norwood術後はSVRを低下させHbを上昇させた方が良い、という仮説を生む。また、術後VO2の低下が大きく、そのためO2ERが低下しているようであり、DO2だけでなくVO2低下も大切なのだろう。
  • ただし、手術室で使用されたドブタミンを中止しており、VO2の変化は医原性の可能性も否定できない。
ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。