コヘルツ論文セレクション 
小児心臓・集中治療に関わる研究を簡単かつ少しだけ読み込んで紹介するブログ
呼吸

Fontan循環における自発呼吸の血行動態に与える影響

Lofland GK. The enhancement of hemodynamic performance in Fontan circulation using pain free spontaneous ventilation.

Eur J Cardiothorac Surg. 2001 Jul;20(1):114-8, discussion 118-9. doi: 10.1016/s1010-7940(01)00757-6. PMID: 11423283.

背景

  • BCPCやTCPC術後の循環動態は、低い肺血管抵抗に依存している。
  • 陰圧呼吸は肺血管抵抗を下げる。
  • 術後早期抜管による陰圧呼吸が臨床的に与える影響は不明。

要点

  • 単施設、観察研究、BCPC (n=23)またはTCPC (n=27)を施行された小児
  • 手術室または術後1時間以内に抜管し、以降の血行動態の変化を観察。
  • 平均肺血圧(MPAP)は有意に低下し、心係数(CI)は有意に上昇した(Fig 1;抜管前と比較し、全てp<0.05)。

Fig 1.

注意点・コメント

  • 硬膜外やくも膜下麻酔の併用や、麻薬のリバースを行うなど、普段の臨床と比べ麻酔の残存を減らす努力をかなりしている。逆に、ここまでしないと上記のようなアドバンテージを得られない可能性あり。
  • 抜管前後を比較しており、早期抜管の有無で比較した研究ではない。すなわち、早期抜管した方が良いか否かは不明のまま。
  • アウトカムは上記のような血行動態のみで、その他の臨床的アウトカム(例えば再挿管の有無など)は不明。

 

ABOUT ME
木村聡
小児心臓麻酔や集中治療に関わる文献を、浅く、でも少しだけ掘り下げて紹介したいと思います。